資金計画

どういった費用がかかる? どれくらいの費用がかかる? 資金計画

ライフプランに合わせた資金計画を!

お家を建てるとき、土地代・建築費以外にもいろんな費用が必要になります。
資金計画の際にはそのような費用のことも全て入れておかなくてはなりません。

まずは資金計画

家は建てるには資金が必要!家づくりに必要な知識を身につけましょう!

家を建てるには資金が必要!
家づくりに必要な知識を身につけましょう!

家を建てるには資金がなければ建てられません。
一生に一度の買い物である家を建てるのに、一体どれくらいの自己資金が必要で、ローン返済のプランはどう決めればよいのか、ほとんどの方が把握していません。
満足できる家づくりをするために必要な費用や資金の調達方法についての知識を身につけましょう。

家づくりの費用

お家の建築にはいったいどのようなお金がかかるのでしょうか?
お家の建築に関わる費用としては大きく分けて次のものがあります。

  • 社内検査
  • 家づくりの費用
土地購入費用
土地代・仲介手数料など
本体工事費
お家そのものを建築するのに必要な費用
(工務店やハウスメーカー等により住宅設備機器・屋外設備工事・ガス工事などが含まれない場合もありますので必ず相談の段階で確認が必要です)
附帯工事費
既存建物解体費用・地盤改良工事費(地盤調査の上地耐力が不足の場合必要です)給排水引込工事・浄化槽設置工事・外構工事費・など
諸費用
ローン費用・登記費用・税金・火災保険・負担金分担金・祭事費用など
その他
仮住まい費用・引越し費用・照明・カーテン・冷暖房機器・家具購入費用など

資金調達方法とメリット

お家の建築にはいったいどのようなお金がかかるのでしょうか?
お家の建築に関わる費用としては大きく分けて次のものがあります。

  • 【資金調達方法1】自己資金

    一般的には資金の20%以上が目安とされています。当然自己資金が多ければ借入金が少なくすみますが、不意の出費を考え手元資金も必要ですので、慎重に計画しなくてはなりません。(現金・預金・財形貯蓄など)

    【資金調達方法2】贈与と相続

    住宅取得等資金の非課税制度

    「住宅取得等資金の非課税制度」は直系尊属(父母・祖父母など)からのマイホームの取得のための資金贈与について、平成26年度中の贈与であれば500万円までが非課税となる制度です。
    「住宅取得等資金にかかる相続時精算課税制度の特例」は、マイホーム取得時に親が子に最高2,500万円を無税で贈与できるという制度です。
    税制等は年度により変りますので、お問い合わせください。

  • 【資金調達方法3】借入金

    「いくらまで借りられるのか」ではなく 「いくらなら無理なく返済できるのか」長期の生活設計の視点で返済計画を立てなければなりません。

    銀行ローン
    フラット35・フラット50
    住宅金融支援機構と民間金融機関が提携するローンで、最長35年間または50年間長期固定金利で、ライフプランが立てやすく繰上げ返済手数料がかからないなどのメリットがあります。
    社内融資
    企業により低金利・無担保などメリットがある場合も。
    親からの借入
    契約書を作成し返済実績を明確にしておけば金利が住宅ローン金利より低利でも贈与とはみなされません。

大成ではお客様にとって最良のアドバイスをいたします

大成ではお客様にとって最良のアドバイスをいたします

大成ではお家の建築をお考えの皆様に、税金や土地取引に関する法律の専門家の先生やファイナンシャル・プランナーの先生をご紹介させていただいております。

どの先生もとても気さくでお客様の立場に立って親身な対応が評判の方々で、ご納得いただけるまでご相談していいただけます。
※先生方には個人情報の守秘義務があり、お客様の情報は厳重に管理されますのでご安心ください。

株式会社大成 注文住宅のことならお気軽にお問い合わせください!【電話受付 月-金/8:00~17:00、土・日/9:00~17:00】TEL:072-824-1018 FAX:072-825-0701【メールでのお問い合わせは24時間OK!】 お問い合わせはこちら
ページトップへ