耐震への取り組み~地震に強い基礎工事

強い木造住宅をつくるために基礎工事は重要なものです。
ここでは、基礎工事の大切さと大成の基礎工事について説明致します。

地盤調査の重要性

地盤調査の様子地盤調査の様子

地盤調査・地盤補強の判断の難しさ

大成では、プランを一からお作りする注文住宅のため、毎回敷地の違う場所で家づくりしています。その際に、必ず地盤調査を行いますがその結果は一軒一軒違っています。一般の住宅建設でも、今では地盤調査をしない事など考えられませんが、その結果をきっちり基礎の構造計画に生かせているかは疑問です。
地盤の状態を正確に判断する事はとても難しいことです。
地面から約10mの目に見えない部分を調査し、建物の荷重を載せた場合や、地震の時のような瞬間的に大きな力が加わった場合にどのような変化をするか、50年以上の長期にわたって建物の荷重を受け続けた場合にどのような変化をきたすかなど推測しなければなりません。

この様な推測の結果から、地盤補強などが必要かを判断しなくてはなりません。この判断の難しさから「補強が必要」という提案をする建築会社がとても多いと聞いています。コストのことを考えると、お客様に不要な出費を強いる事になりかねるため正確で慎重な判断が求められます。

大成の基礎づくりは「地中梁方式のべた基礎」を採用

大成では、基礎に高層ビル建築にも採用されている「地中梁方式のべた基礎」を採用しております。
この方法の基礎は、他の基礎工法よりも地盤の強度の不均一性に影響されないからです。1敷地の中でも、建物ののる範囲の中で5箇所ほど地盤調査をしますが、地耐力にバラツキのあることが多々あります。そのため、地盤補強をせずに普通の基礎を構築すると地耐力の無い方へ建物が傾いていく恐れがありますが、「地中梁方式のべた基礎」は地耐力の強弱にある一定の範囲で地盤補強無しに対応可能となります。この様な地盤の地耐力のバラツキまでカバー出来る基礎が「地中梁方式のべた基礎」なのです。

べた基礎の種類~大成が「地中梁方式のべた基礎」を採用した理由

「地中梁方式べた基礎」の配筋「地中梁方式べた基礎」の配筋

べた基礎の考え方には、大きく分けて「耐圧盤方式」と「地中梁方式」があります。「耐圧盤方式」のべた基礎には、ポストと呼ばれるコンクリートの円柱の下に梁が無く、ポストの機能からして中途半端であることと、極端に言うとこの耐圧盤=スラブの地中梁による区画分けが内部にはなく、外周部だけという大きなスパンになるため、外周部にかかる力(曲げモーメントやせん断力など)が極端に大きくなります。
大成では、基礎から上の建物全般の荷重を(基礎の外周部以外は基本的に)ポストが支えているため、このポストの上には柱と土台が設置されるよう設計していきますが、このポストは地中梁の支点としても機能するため、地中梁の交点には必ずポストが必要と考えています。

「地中梁方式べた基礎」の完成「地中梁方式べた基礎」の完成

例えば、耐圧盤方式のべた基礎では一般的な規模の建物でも外周部の立ち上がりコンクリートの幅は200㎜などという極端に分厚いものが必要になります。
これは、建物の規模が大きくなればなるほどその力が増していき、それだけの負担を強いられながら床下換気口のために、その大切な立ち上がりコンクリートを切断しなければなりません。これらを検討した結果、大成では「地中梁方式のべた基礎」を採用しております。

大地震に充分耐えうる基礎とは?

「地中梁方式のべた基礎」は地震に強い!

「地中梁方式のべた基礎」は、建物全体の大きな荷重を地中梁で区分けした小さな範囲それぞれが分担するため、部分部分にかかる力もそれ程大きなものにはならずにすみます。瞬間的にとても大きな力が加わった場合などには、その力を分散し局部的な崩壊を防いでくれることになるため、地震などの際にとても大きな効果を発揮します。

地中梁で区分けすると大きな力を分散します! 横からの力にも強い!

大成の基礎設計の根拠

大成の基礎の設計(構造計算の根拠)には、日本建築学会編の「鉄筋コンクリート構造計画基準・同解説―許容応力度設計法―」「建築基礎構造設計指針」および「小規模建築物基礎設計の手引き」を使用しております。

株式会社大成 注文住宅のことならお気軽にお問い合わせください!【電話受付 月-金/8:00~17:00、土・日/9:00~17:00】TEL:072-824-1018 FAX:072-825-0701【メールでのお問い合わせは24時間OK!】 お問い合わせはこちら
ページトップへ