耐震への取り組み~100年耐えうる木造住宅

実際に丈夫な木造住宅をつくるためには、いったい何が大切なのでしょうか。
ここでは、100年でも耐えうる強い住宅の理由と、建築コストと品質のバランスについて説明致します。

熟練の職人技

長年の技術改善で培われた熟練の技によるもの

長年の技術改善で培われた熟練の技によるもの

日本の木造建築の中には、法隆寺に代表されるような1000年を超えて建っているものが少なからず存在します。
長期にわたり、大きな地震や、風雨にもさらされつづけてきた建築物が、今もなお存在しているのは、木の持つ性質の素晴らしさであるとともに、その時代の職人の技量によるところも大きな比重を占めています。職人たちが代々にわたり、技術改善を繰り返して培われた技術があったからこそ、純木造建築物が1000年以上2000年にわたり建ち続けることが出来たのだと思います。
大成もまた先人の思いを引き継ぎ、日々努力しております。

建築コストと品質のバランスが大切

個人の方が、資金を用立てて建てる住宅の建築コストがとても大切な事は言うまでもありません。
もちろん、大成でも常にコストダウンの努力を続けております。しかし、我々の追求するコストダウンは「品質を改善する努力と一体」で進めなければならないと考えております。なぜなら、大切なところを捨て去るようなコストダウン(断熱の方法も含む)は、単なる手抜きであり、結果として30年もたたないうちに建主を悩ます要因にもなります。また、最初いかに良い性能をうたっても、壁の中が結露で腐る家は、地震でもろくも崩れる事は阪神大震災により証明されております。

知っていますか?日本の現状

日本の住宅が産業廃棄物を量産している!

最近の調査によると、日本の住宅の寿命は平均30年未満という結果が出ています。この結果は、短命住宅を大量に建てつづけていることを示しています。また、先人により培われてきた技術、内地に豊富に存在する材木も、合理化を追求しつづける現在の経済環境にあっては、省みられず、木造建築の大部分が外材を大量に消費する耐久性に疑問のある集成材によるものになっています。

株式会社大成 注文住宅のことならお気軽にお問い合わせください!【電話受付 月-金/8:00~17:00、土・日/9:00~17:00】TEL:072-824-1018 FAX:072-825-0701【メールでのお問い合わせは24時間OK!】 お問い合わせはこちら
ページトップへ