大成は「いい家」をつくる会の会員です

住まいとは幸せの器である。
住む人の幸せを心から願える者でなければ住い造りに携わってはならない。

平成13年8月 創業者 小倉が松井様と運命の出会い

左から、弊社西村・「いい家をつくる会」
代表 松井修三様・創業者 小倉
左:松井修三様著『「いい家」がほしい。』右:久保田紀子様著『さらに「いい家」を求めて
『「いい家」が欲しい。』の著者 松井修三社長との出会い
人は人との出会いにより運命が変わると言われます。
大成も『「いい家」が欲しい。』の著者である松井修三社長(当時)にお会いしたことで、社員・会社の運命が大きく変わりました。
そのきっかけは、本を読まれたお客様とのご縁で、平成13年に東京小平市にあるマツミハウジング株式会社を創業者の小倉と西村で訪問したことでした。
体感ハウスで「住み心地」を体感
平成13年8月8日午後1時、外気温は31℃という真夏日。松井社長に体感ハウスを初めて案内していただきました。
真夏日にも関わらず、玄関に入ると爽やかな感じがしました。クーラーは入れていないということでしたが、3階の小屋裏に、室内外の温湿度を測る計器が並んでいて、小屋裏の温度を確かめると、実に26.6℃でした。普通の家であれば、40℃以上の世界です。
そのような中、松井社長は初対面の我々に実に丁寧に体感ハウスの内部の説明をして下さいました。「断熱と通気が家にとっていかに大切か」説明を聞いているうちに、次第に外断熱・二重通気の家に心が傾いていくのを感じました。
そして、別れ際に松井社長から「外断熱・二重通気の家をするのなら専業でおやりなさい」というお言葉をいただきました。

マツミハウジング株式会社にて

  • マツミハウジング(株)様の体感ハウスマツミハウジング(株)様の
    体感ハウス
  • いよいよ体感ハウスの内部へ!松井社長(左)/小倉(右)いよいよ体感ハウスの内部へ!
    松井社長(左)/小倉(右)
  • 体感ハウス3階の屋根裏温湿度を測る計器体感ハウス3階の
    屋根裏温湿度を測る計器
  • 丁寧な説明をして下さる松井社長丁寧な説明をして下さる
    松井社長

外断熱・涼温換気 SA-SHEの家を専業に

「外断熱・涼温換気 SA-SHEの家」を完全に達成するため
外断熱・涼温換気 SA‐SHEの家を専業に手がけるにあたり「専業でやる」と決心した理由はいくつかあります。
住み心地の良い家をつくるためには、外断熱工法で高気密・高断熱にし、センターダクト方式の換気システムによる換気が絶対必要です。家の気密度はC値で表わされ、C値とは家全体の隙間面積を延床面積で割った数値のことです。
C値が小さい程気密度が良いのです。国が定める次世代省エネルギー基準のC値は5.0以下、ハウスメーカーは2.0以下、それに対し大成のここ1年間のC値は平均は0.36です。
大工さんも「外断熱・涼温換気 SA-SHEの家」専業!
気密を高めるためには、緻密な仕事が大切です。特に、木造建築では大工さんの腕にかかっています。そのために、大成では大工さんに外断熱・涼温換気 SA-SHEの家を専業にしていただいています。大成専属の大工さん8組が腕を競い合って仕事に励んでいます。
専業にすることで「いい家」を徹底追求!
我々クラスの規模の工務店では、建売・RC・鉄骨・増改築を全て行うと、大工さんも左官さんも仕事に集中できず、緻密度が要求される「外断熱・涼温換気 SA-SHEの家」ではいい仕事ができません。大成は「いい家」を追求するために日々精進しております。
振り返ってみて、専業にして本当に良かったと思っています。
  • マツミハウジング(株)新社屋にてマツミハウジング(株)新社屋にて
  • 2012.7 横浜体感ハウスで2012.7 横浜体感ハウスで
    涼温換気システム体感
  • 2013.6.2 セミナーに参加(1)2013.6.2 セミナーに参加(1)
  • 2013.6.2 セミナーに参加(2)2013.6.2 セミナーに参加(2)
株式会社大成 注文住宅のことならお気軽にお問い合わせください!【電話受付 月-金/8:00~17:00、土・日/9:00~17:00】TEL:072-824-1018 FAX:072-825-0701【メールでのお問い合わせは24時間OK!】 お問い合わせはこちら
ページトップへ