大成ファミリーブログ

気密測定

2020年06月19日

緊急事態宣言が出て先延ばしにしていました、気密測定の実施を今週に入り3現場実施いたしました。先に測定した2現場はすでに目標数値をクリアーしており、最終日になった伏見区でお建てするK様邸でしたので、岸棟梁にとってはプレッシャーのかかる測定になってしまいました。緊張の中、測定が始まりましたが結果は目標の数値を難なくクリアーした数値が出ましたので岸棟梁も一安心されたようでした。初めて経験するコロナ渦の中、感染予防をしながらようやく測定ができるところまで現場を、棟梁はじめ職方さんと現場監督が協力しあいながら現場を進めてくれたおかげで3現場とも難なくクリアーする数値が出たのかと思います。本当にお疲れ様でした。

担当者コメント

初めて経験するこの局面に感染予防しながら現場を進めてくれた現場監督はじめ、棟梁、協力業者さんには感謝です。あと残りの工事もどうかご安全に、よろしくお願いしたいと思います。感謝。

今年のツバメ

2020年06月07日

5月10日に巣の中によく座るようになり卵を温めているようです。

5月20日卵の殻が落ちていました、一羽目の雛が誕生したみたいです‼

今年は何羽いるのか楽しみです。

5月29日5羽はっきりと確認出来ました。今日も元気に餌を運んで来てくれる親を雛は待っています。

一日一日大きくなって羽ばたきの練習そして巣立ちを見送れる様に今は楽しみに見守っています

担当者コメント

元気に巣立ちますように。

24時間換気

2020年05月24日

最近、コロナウイルスの感染予防に換気を細目に行ってくださいとよく耳にするようになりましたが、実際行われている換気方法は、窓開け換気によるものが多いことに気づかされます。

先日スーパーに買い物に行った時見た換気の処置方法は入り口の扉や排煙用の高窓が開いている程度だ。これで換気が成立しているのか疑問に感じる。意外と自然換気任せになっているのだと痛感する。これから夏場に向けて、エアコンが必用不可欠になってくるが、このように窓開け換気での対応で冷房が効くのかが心配だし、熱中症対策とか心配になります。

換気とエアコンの両立が難しいのではないかと思います。住宅においても換気の仕方といえば多くは、自然換気、窓開け換気ではと思います。これからの家に換気システムをお考えの方、これから住宅をお建てすることを考えている方に是非読んでいただきたい本がございます。

その本が、「家に何を求めるのか」の本です。是非、一読していただきたいと思います。

担当者コメント

家の換気の仕方に驚きだと思います。是非一読くださいませ。

玉ねぎ

2020年05月18日

今年もOB様のY様から沢山の赤玉ねぎ頂きました。サラダに入れて食べると最高においしい新玉です。いつもこの時期になると沢山いただいております。今年も社員全員の分を用意くださりました。もうY様の御家もお建てして10年を超えようとしておりますが未だにこうして色々とお心遣いいただき感謝です。早速社員全員の分を分けさせていただきました。今日はサラダにして食べたいと思います。

 

担当者コメント

いつもいつもY様有難うございます。感謝です。

こんな時でも

2020年05月10日

今年も、弊社体感体感ハウスにツバメが子作りのために巣を新たに作りました。どうやら卵を産んだようで雌鳥が一生懸命に卵を暖め、雄鳥が天敵から巣を守っているようです。

緊急事態宣言の中でも、例年通りではありますが、一生懸命に新しい命の誕生のために頑張っている姿を見ながら、わたくし自身コロナにめげてはと思いました。

本日も、一組限定ですが、新築計画の打ち合わせをさせていただきましたが、満足していただけるよう頑頑張って参りたいと思います。

担当者コメント

毎年のように幸せを運んで来てもらえて癒されます。

癒されます

2020年05月09日

先日、外塀のリニューアルされました、O様様邸にお伺いしますと早速奥様の手づくりのお花が飾られていました。

世間がコロナウイルスで大変ストレスを感じる中、お花の美しさに癒されました。早く、収束してもらいたいと願うばかりです。

 

担当者コメント

とても上手に美しくお花を飾られるので、奥様には関心させられます。

看板シート

2020年03月31日

現場監督の湯浅です。

現場の足場に掛ける弊社の看板シートを新調しました!

早速現在建築中の東大阪市W様邸の足場に掛けました。

何でも新品は気持ちいいものです!

現場の前を通りかかるたくさんの方々に涼温な家を知って頂ければ嬉しいです^^

担当者コメント

これからもどんどん活躍してくれそうです。

“挨拶”

2020年03月11日

先日、棟上げの当日に現場で作業開始時間まで職人さんらと待機していますと、

登校途中の小学生の女の子が、大きな声で『おはようございます!』と笑顔で声をかけてくれました。

僕も『おはよう!行ってらっしゃい!!』とかけ返しました。

何気ない僅か一言の挨拶でしたがとても清々しく感じ、その日の上棟工事も

何だかいつもより気持ち良く作業を行うことが出来ました。

色んなものが機械化されたり、インターネットやSNSなどの普及で昔に比べて直接的な人と人とのコミュニケーションが

急激に減少してきている昨今ですが、“挨拶”の大切さ、コミュニケーションの重要性を、その女の子に

あらためて教えてもらった気がしました。

しかしながらそんな朝の風景も、その翌日から見ることが出来なくなってしま

いました。感染のリスクに怯えながら制限された環境で生活せざるを得ない

この状況が一日も早く収束ではなく終息し、たくさんの子供たちの笑顔で溢れる平穏な日常が戻ることを、ただただ祈るばかりです。

 

 

担当者コメント

現場でも手洗い・うがいを積極的に行うように徹底し体調管理に心掛けたいと思います。

TIP構法の振動実験の報告書が届きました

2020年03月06日

「日本TIP建築協会」から報告書が届きました。

この報告書には、去年の12月に行われた「TIP構法の振動実験」の結果とその総括がまとめられていました。

振動実験は岸和田市の「近畿職業能力開発大学校」にある実験場で行われ、

筋かいのみの耐力壁とTIP構法筋かい入りの耐力壁を、何回も振動させ、その結果を比較する目的で行われました。

このような実験に立ち会えたことは、大変貴重な経験でした。

振動実験の迫力はものすごく、そのうえ目の前で、筋かいのみの耐震壁の接合部が破壊されましたので、あらためて地震の怖さを認識しました。

今回、協会から送っていただいた振動実験の報告書は、さらに興味深いものでした。

それによりますと「筋かいのみ」の耐震壁は、5回繰り返した振動実験において、4回目の振動実験で破壊に至っています。私が見て驚いたのは、この時の様子だと思います。

その時の入力レベルは耐震等級3にあたる振動です。

耐震等級3レベルとはおおよそ震度7の1.5倍の地震で建物が倒壊しない耐力を有することを表しています。

それに比べて、TIP構法筋かい入りの耐震壁では7回繰り返しの振動実験を行い、最後まで試験体は破壊されていませんでした。

最後の7回目の加力は、耐震等級3レベルの1.33倍もの力で揺らされていました。

報告書をまとめられた近畿職業能力開発大学校の藤村先生によりますと、

木造耐力壁は繰り返し加力(繰り返しの揺れ)に対して脆弱である。

しかしTIP構法では、繰り返し加力に対して柱の曲げ耐力を利用することによって、フレーム全体の耐力が急激に低下することがない事が検証できた。

耐震性に優れた構法であることが検証できた。との結論です。

柱の曲げ耐力とは、集成材ではない、無垢の材木のもつしなりと結びつきます。この特性を最大に生かすのがTIP構法とも言える実験結果ではなかったかと思います。

ぜひ無垢のヒノキの柱にTIP構法を組み合わせた、弊社の「涼温な家」をご検討ください。

担当者コメント

報告書には、日本住宅・木造技術研究センターにおいての試験を経て、性能評価書が発行されたことも記されていました。
日本TIP協会などの皆様の努力で、TIP構法が広く知られていくことは、本当にうれしい限りですね。

阪神淡路大震災

2020年01月17日

本日1月17日阪神淡路大震災が起こってから25年の月日が経ちました。震災の時の記憶も薄れていく中、建設業を携わる者にとってお家の耐震性を改めて考えさせられる日ではないかと思います。震災から、いろいろと学んだ経験をもとに,倒壊しない家づくりを私たちはしていかなければならないと思います。私たちが家づくりの耐震性として、おすすめしているのがTIP構法であります。先月,TIP協会の井田様の計らいで、振動実験に立ち会わせていただきました。TIP構法の耐震性の高さを目の当たりにいたしました。また、大臣認定も間近とお聞きし、TIP構法の普及に努めていきたいと思いました。

 

 

担当者コメント

本日朝から報道特集などを見たりすると、25年前の悲惨さなどが思い出され、耐震性の重要性を考えさせられる一日でした。

株式会社大成 注文住宅のことならお気軽にお問い合わせください!【電話受付 月-金/8:00~17:00、土・日/9:00~17:00】TEL:072-824-1018 FAX:072-825-0701【メールでのお問い合わせは24時間OK!】 お問い合わせはこちら
ページトップへ