大成ファミリーブログ

地震に耐えうる住まいをつくる

2015年03月17日

昨年10月に岐阜県立森林文化アカデミー・オープンラボで行われた、TIP構法耐力壁の面内せん断試験の結果報告とプロモーションビデオが届きました。

試験結果を説明する前に少し補足説明をしたいと思います。住宅が倒壊する1番の原因は地震であり、その地震から住宅を守ってくれるのが耐震壁です。住宅の平面を設計するときに各方向に入れる耐力壁の長さを設計壁量といい、法令上求められる耐震壁の長さを必要壁量といいます。

設計壁量は平面図に書き込まれた耐震壁の実長に倍率をかけた数値で、倍率の大臣認定を受ける場合に欠かせないのが面内せん断試験で、その結果をTIP協会から送っていただきました。

今回の試験体で筋交いと下地板では法令では2.5倍しか認められていないですがTIP構法の試験体では5.31倍という試験結果が出ました。その結果2倍以上の強さがあると判明いたしました。コスト面でも費用対効果が絶大ですので、弊社でも標準仕様として150棟の実績を誇ってまいりましたので、阪神大震災 新潟中越沖地鎮 東日本大震災の際にも耐えたとされるこの構法をこれからも推し進めてまいりたいと思います。

担当者コメント

TIP構法実験ビデオにご感心のある方ぜひ弊社までお問い合せ下さいませ。

株式会社大成 注文住宅のことならお気軽にお問い合わせください!【電話受付 月-金/8:00~17:00、土・日/9:00~17:00】TEL:072-824-1018 FAX:072-825-0701【メールでのお問い合わせは24時間OK!】 お問い合わせはこちら
ページトップへ